利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン・バックナンバー

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    NIRA総研メールマガジン
 (Vol.167/2019年4月号)
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

──────────────────────────────

TOPICS
 ▼わたしの構想を1件公表しました。

──────────────────────────────

◆わたしの構想No.41「米中対立をどうみるか」
 現在の米中対立は、戦後の国際秩序を大きく変える可能性があります。中国
は一つの経済圏を築きつつ、民主主義に基づかない国際秩序を作ろうとしてい
ると識者は説明しています。日本は他国の対中政策に倣うとアジアで孤立しか
ねず、経済や安全保障面において切迫した状況にある事を自覚する必要性を指
摘しています。

<企画>
翁  百合  NIRA総研 理事/日本総合研究所 理事長
<識者>
待鳥 聡史  京都大学大学院法学研究科 教授
中西  寛  京都大学大学院法学研究科 教授
川島  真  東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻 教授
細川 昌彦  中部大学 特任教授
マーティン・ウルフ
       英フィナンシャル・タイムズ チーフ・エコノミクス・コメンテーター
http://www.nira.or.jp/outgoing/vision/entry/n190410_922.html


=========================================
▼バックナンバーはこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/backnumber/index.html

▼本メールマガジンの解除はこちらから
 http://www.nira.or.jp/magazine/change/index.html
=========================================

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 公益財団法人NIRA総合研究開発機構
 E-mail  emag@nira.or.jp (NIRA総研メールマガジン担当)
 ホームページ http://www.nira.or.jp/index.html
 公式Facebook http://www.facebook.com/nira.japan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇
※当メールマガジンでは、ファイルの添付は一切行いません。
 当構を装った不審なメールに注意ください。


このページのトップへ