利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 日本のFTAについて

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

日本のFTAについて

NIRAモノグラフシリーズ基礎データ編No.03 2009/11発行
FTA研究グループ

NIRAモノグラフシリーズ基礎データ編は、研究課題の分析に当たって必要となる基礎的なデータを収集・ 整理して参考情報として提供する。

No.03は、グローバル化が進展する中で、FTAの締結数増加の現状や課題を整理し、 日本の取り組みを考える際の基礎データをとりまとめた。

■目次
 1.FTAのダイナミズム   
 2.戦後の通商制度   
 3.世界のFTAの現状
 4.日本のFTAの現状   
 5.FTAの効果-貿易の拡大 
 6.FTAの効果-生産性の向上 
 7.FTAの効果-投資環境の整備 
 8.FTAの効果-資源・食糧・人材の確保
 9.FTAの効果-経済のブロック化 
10. FTAの効果-スパゲッティボウル効果
11.今後の日本のFTA戦略

伊藤元重監修、下井直毅編集、FTA研究グループ著
2009年11月発行 

このページのトップへ