利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題 > 社会保障制度を通じた世代間利害対立の克服―シルバー民主主義を超えて―

NIRAモノグラフシリーズ:わかる政策、知る課題

社会保障制度を通じた世代間利害対立の克服―シルバー民主主義を超えて―

NIRAモノグラフシリーズNo.34 2012/07発行
八代尚宏(NIRA客員研究員/国際基督教大学客員教授)、島澤諭(NIRA主任研究員)、豊田奈穂(NIRA主任研究員)

わが国の世代間格差は少子・高齢化の進行とあいまって、かなり深刻であるが、 その大きな原因である社会保障制度に関しては給付と負担の均衡化の抜本的な改革が行われず、格差を増大させている。 背後には政治的な存在感を増す高齢世代の意向、高齢者に負担増となる制度改革の先送りがある。本稿ではその事実関係と問題意識を示す。
具体的には、第1に、a)現世代の内の引退世代と現役世代、b)現世代と将来世代、の2つの世代間格差に注目し、「生涯純負担率」 の概念を用い、その規模を推計する。第2に、消費税率の引き上げが、世代間格差の縮小に大きな効果を及ぼさないことを示す。第3に、 高齢者の増加が地方政治に与える影響や高齢者の投票行動等の「シルバー民主主義」の実態について数量的分析を行う。
長期的に見れば、現役世代と高齢世代との利害対立は避けられないものではない。政治的に影響力を持つ高齢者は平均以上に利他的であり、 社会保障制度破綻のリスクを十分に認識すれば、高齢者にも理解を得られる社会保障制度改革のパッケージは可能である。

■目次
1. はじめに
2. 世代間格差の実態と財政の持続可能性
3. 高齢化と投票率
4. 高齢者の社会保障制度に対する選好
5. シルバー民主主義は存在するのか
6. シルバー民主主義を超えて
7. おわりに

<関連記事>
2012年11月26日 日本経済新聞記事「エコノフォーカス『高齢者優先の政策変わるか』」に引用

<関連頁>
国債に依存した社会保障からの脱却ーシルバー民主主義を超えてー」(NIRA研究報告書、2013年2月)
公的年金の世代間公平性を考える」 (NIRA政策レビューNo.59/2013年1月)

このページのトップへ