利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > 社会的包摂手法による地域の再生

研究報告書・出版物

社会的包摂手法による地域の再生

NIRA委託研究報告書0708 2008/04発行

総合研究開発機構  発行

本報告は、『地域の再生・創造』と『市民社会』をテーマとし、2機関のシンクタンクに委託して実施した研究成果の一つである。
本研究では、「社会的包摂(Social Inclusion)アプローチ」を用いて、深刻化する地域の局地的衰退の再生方策を、 神戸市を対象に検討した。
これまでどちらかというと積極的な参加や参画が見られなかった高齢者・障害者・無業者を含む多様かつ多数の地域住民を巻き込み「包摂」 することにより、これまでとは異なる新たな多層・多重的なコミュニティへのインパクトが顕在化し、 サステナブルな地域運営のあり方がみえてくる。こうした地域再生への新たなアプローチが示唆する萌芽を仔細に点検し、今後、 急速な人口減少や多文化化の潮流のなかで深刻化が予見される局地的な地域衰退・荒廃に対して、再生のための政策提案を行う。
まず、衰退の実態を小地域単位で明らかにしたうえで、地域民同士、さらには行政・事業者との連携に着目し、先行する事例等による「現場」 での動きを点検することから具体的な方策の検討を行った。その際、経済メカニズムを組み込みながら局地的問題の解決を試みる社会的企業を、 社会的包摂アプローチを担う主体として着目し、社会的包摂アプローチを実現するエンジンとして位置づけている。特に高齢者・無業者・ 障害者などの職業スキル向上等により「福祉のクライアント層」を「主要な担い手」とする事業スキームの検討を行った。 行政だけでなく地域住民や事業者等の参画を得て、地域サービス事業等を通じた高齢者・無業者や障害者などの地域住民の有業化・所得向上、 生活の質の維持等を図る取り組みを提案し、社会的包摂手法による地域再生の方策について提言を取りまとめた。

序章
要約
第1章 社会的包摂による地域再生の経緯と背景
  第1節 変わる都市・地域問題
  第2節 モザイク化する都市・地域の空間構造
  第3節 新たなガバナンスの構図を支えるNPO/社会的企業の台頭
  第4節 社会的包摂アプローチによる地域再生と社会的企業の役割
  第5節 「社会的包摂アプローチと社会的企業」英国での経験
第2章 現状分析
  第1節 地域の衰退減少の定量的把握
  第2節 社会的ミッションを掲げて事業活動を行う団体を対象としたアンケート調査
  第3節 地域住民を対象としたアンケート調査
  第4節 自治体を対象としたアンケート調査
  第5節 社会的ミッションを掲げて事業活動を行う団体を対象としたヒアリング調査
  第6節 英国(スコットランド)の事例
第3章 社会的包摂による地域の再生に向けた取り組み(提言)
  第1節 社会的包摂による地域再生の方向性
  第2節 社会的包摂による地域再生の方策(提言)
  補 論 英国における社会的企業への支援

研究実施機関:(財)神戸都市問題研究所
2008年3月20日発行、A4版・304ページ


報告書
第1章~第2章第5節[PDF/6272KB]
第2章第5節[PDF/2664KB]
第2章第5節[PDF/9812<B]
第2章第5節~第3章[PDF/11987KB]

このページのトップへ