利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 研究報告書・出版物 > 日本再生のための処方箋

研究報告書・出版物

日本再生のための処方箋

NIRA研究報告書 2012/06発行

総合研究開発機構 発行

■ 概 要
 東日本大震災からの復旧・復興や、また、最近では財政再建に関する議論が注目される一方、成長に向けた政策論議が後回しにされている。 日本が再生するためには、復旧・復興や財政再建が重要であることは論をまたないが、それと整合的な長期的な成長戦略が欠如すれば、 経済は再び停滞してしまうだろう。今こそ、日本の再生に向けた総合的な政策を講じる必要がある。
 ここに公表する星岳雄教授とアニル・K・カシャップ教授による共同研究『日本経済が再生するための政策のあり方』は、 東日本大震災からの復旧・復興を目指すなかで、日本のとるべき成長戦略と政策運営のあり方について論じたものである。
 そこでは、成長を回復するための処方箋として、規制改革(事業活動コストの削減、ゾンビ企業保護の撤廃や規制緩和、成長特区の導入)、 開国政策(貿易自由化、農業保護の削減、移民政策)財政・金融政策(持続可能な財政、 デフレ脱却)の3つの政策分野に関する具体的な提言がされている。

エグゼクティブサマリー

■ 研究報告書(英文): "Policy Options for Japan’s Revival"
 ※ 和文は『何が日本の成長を止めたのか― 再生への処方箋』(日本経済新聞出版社刊)に収録。

■ 目 次
 1. Introduction
 2. Regulatory Reform
 3. Opening up the Japanese Economy
 4. Macroeconomic Policy Reforms
 5. Conclusions


■ 執筆者
 星 岳雄 NIRA客員研究員/
        カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係
                       ・環太平洋研究大学院教授
 アニル・K・カシャップ NIRA客員研究員/
       シカゴ大学ブースビジネススクール教授

<関連記事>
・2012年9月16日 日本経済新聞「海外メディアから」に関連記事掲載
・2012年9月11日 Wall Street Journalアジア版に星岳雄教授、アニル・K・カシャップ教授による関連記事掲載
・2012年8月23日 日本経済新聞「経済教室」に星岳雄教授、 アニル・K・カシャップ教授による関連論考掲載

<単行本>
何が日本の経済成長を止めたのか― 再生への処方箋』 星岳雄、アニル・K・カシャップ著 日本経済新聞出版社刊、2013年1月。

<関連研究>
イノベーション型経済成長のための制度基盤に関する研究』(2014年9月~2015年8月)
何が日本の経済成長を止めたのか?』 (NIRA研究報告書、2011年7月)

このページのトップへ