NIRA公共政策研究セミナー2004
  

開催期間:2004年9月8日から2005年3月まで(報告書完成は2005年5月頃を予定)
セミナー:全12回 (講義5回、ケーススタディ7回)各回2時間(19:00-21:00)、計24時間

 

2004年度NIRAセミナーの詳細
 

  2004年度のNIRAセミナーは、講義と3つのケーススタディ・テーマの組み合わせによって学びます。
  ケーススタディ・テーマ、スケジュール等は下記の通りとなっています。
  募集時のパンフレットはこちらからご覧いただけます[ PDF版 1.06MB ] 



2004年度ケーススタディ・政策事例研究報告書

  NIRAセミナーでは、実践的な研修を目指しており、講義の間に受講者がケーススタディにグループで取り組むように設計されています。
  今年度は、昨年度に引き続き、ケーススタディ重視の方針をより鮮明に示すべく、A・B・C3つの事例研究テーマを設定しました。
  これらはこれまでのNIRA自身の研究実績に基づいて募集時にNIRAから提示しており、受講者の選択肢を広く確保すべく
  3テーマを提案たものです。研究指導講師のもとでグループ研究によるケーススタディがそれぞれ実施され、専門家ヒアリング
  の場などを通じて、各参加者がそれぞれの関心対象について綿密なケーススタディを行い3分冊のケーススタディ報告書に取りまとめました。

   A) 「市場ガバナンスの変革−市民社会と市場ルールの融合を目指して−」 No.2004-1 [PDF版 3.25MB]

   B) 「共に生きる社会を目指して−多文化社会へ向けた政策課題−」 No.2004-2 [PDF版 3.37MB]

   C) 「東アジアの活力と地域協力−大交流時代における日本の役割−」 No.2004-3 [PDF版 2.87MB]




2004年度ケーススタディ・テーマと研究指導講師

 

   A)法と市場と市民社会 −金融市場のガバナンス−

     講  師:犬飼重仁 総合研究開発機構 主席研究員/早稲田大学客員教授

     参考書:『イノベーションで生きない人は去りなさい!』PHP研究所、2003

 

   B)グローバル時代の多文化社会 −共生に向けた政策的取り組み−

     講  師:丹野清人 東京都立大学人文学部社会学科 講師

     参考書:『多文化社会の選択』NIRAチャレンジブックス、日本経済評論社、2001

          「ポスト・イラク戦争−民族・宗教・文化から復興を考える」『NIRA政策研究』 2003.7

          「ワークショップ『グローバル時代のシティズンシップ』」『NIRA政策研究』2002.1

 

   C) 地域協力と東アジア

     講  師:金子 彰 東洋大学国際地域学部 教授

     参考書:『北東アジアのグランドデザイン』NIRAチャレンジブックス、日本経済評論社、2003

          「経済統合の深化を通じた東アジア経済の進むべき方向」『NIRA政策研究』2003.4

 

 

 

2004年度 スケジュール(講義・ケーススタディ)

  ・ NIRAセミナー全般参考書:
     
公共政策の人材基盤充実に向けて−NIRA公共政策研究セミナーを中心に」 『NIRA政策研究』 2003 2

  ・ 講 義 概 要

  ・ 講 師 紹 介

< 各回 19:00-21:00、於NIRA・渋谷区恵比寿>

日付
種別
講 義 内 容
講 師
9月8日(水)
講義
縣 公一郎
(早稲田大学教授)
9月22日(水)
講義
北川 正恭
(早稲田大学教授)
10月6日(水)
ケース
(概論)
 ケーススタディA
法と市場と市民社会 −金融市場のガバナンス−
犬飼 重仁
(NIRA主席研究員・
早稲田大学客員教授)
10月13日(水)
ケース
(概論)
 ケーススタディB
グローバル時代の多文化社会−共生に向けた政策的取組み−
丹野 清人
(東京都立大学講師)
10月20日(水)
ケース
(概論)
 ケーススタディC
地 域 協 力 と 東 ア ジ ア
金子 彰
(東洋大学教授)
11月11日(木)
講義
阿部 一知
(東京電機大学教授)
11月18日(木)
講義
 山田 治徳
(早稲田大学教授)
12月1日(水)
講義
原田 泰
(大和総研チーフエコノミスト)
9A
12月17日(木)
ケース
(検討と議論)
 ケーススタディA:グループ討議
法と市場と市民社会 −金融市場のガバナンス−
 
9B
12月15日(水)
ケース
(検討と議論)
 ケーススタディB:グループ討議
グローバル時代の多文化社会−共生に向けた政策的取組み−
 
9C
12月16日(木)
ケース
(検討と議論)
 ケーススタディC:グループ討議
地 域 協 力 と 東 ア ジ ア
    

    

2005年1月以降のスケジュール(ケーススタディ)

A:法と市場と市民社会
−金融市場のガバナンス−
(6名)
講師:NIRA主席研究員 犬飼重仁
B:グローバル時代の多文化社会
−共生に向けた政策的取り組み−
(8名)
講師:東京都立大学 丹野清人氏
C:地域協力と東アジア(7名)
講師:東洋大学部教授 金子 彰氏
1月6日(木)専門家ヒアリングT

「市場・企業活動の監視
−日英金融オンブズマンの事例−
関東学院大学経済学部講師 河村賢治氏
1月20日(木)専門家ヒアリングT

「人身売買被害者の実態と保護の必要性 −世界の潮流と日本の政策課題
弁護士:吉田容子氏 他
1月14日(金)専門家ヒアリングT

「北東アジアの観光協力」
東洋大学国際地域学部教授 梁 春香氏
2月1日(火)専門家ヒアリングU

「企業の社会的責任(CSR)・社会責任投資(SRI)の現状」
ニッセイ基礎研究所 川村雅彦氏
2月16日(水)専門家ヒアリングU

多文化共生への取り組
−地方自治体の課題−
(財)豊田市国際交流協会 倉橋靖俊氏
2月3日(木)専門家ヒアリングU

「自治体や地方における東アジア地域との協力の取り組み −事例紹介−」
(財)環日本海経済研究所 三橋郁雄氏
3月1日(火)

報告会プレゼンテーション
NIRA主席研究員 犬飼重仁
関東学院大学経済学部講師 河村賢治氏
3月10日(木)

報告会プレゼンテーション
東京都立大学人文学部講師 丹野清人氏
NIRA研究員 飯笹佐代子
3月7日(月)(予定)

報告会プレゼンテーション
東洋大学国際地域学部教授 金子 彰氏
NIRA研究員 小泉哲也

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

ホームページ掲載事項につきましては敬称略・順不同となっております。



NIRALogo
トップページ
 
[ 戻 る ]

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)