NIRALogo
会議報告等

第4回日露フォーラム報告 (2004年10月)

 

日露フォーラム

 
NIRAは、10月20、21日の両日、石川県金沢市において、ロシア戦略策定センター(モスクワ)と第4回日露フォーラムを開催した。2001年の開始以来、はじめての日本開催となった今回は、日本側では、日本外務省のほか、石川県、金沢市、七尾市、根上町が、ロシア側ではロシア外務省、ロシア連邦院、ロシア経済発展貿易省が後援、日露双方の有識者、約40名が参加した。

本フォーラムは、2000年9月に日露両首脳によって署名された「平和条約問題に関する両首脳の声明」において、平和条約締結の重要性を各々の国の世論に説明するための努力を活発化させていくことが明記されたことを受けて、2001年1月の日露外相会談において、そのための具体的措置として開催が決定され、行われてきている。第3回がイルクーツクで開催された流れを受けて、イルクーツクと長年交流の深い石川県での開催となった。

第4回日露フォーラムでは、「グローバル化の中でのアジア太平洋地域における日露協力の展望」という大テーマの下、「北東アジアの平和と安定に資する日露関係−歴史的視座に立って」「シベリア・極東と日本の交流−イルクーツクから石川へ」を主要テーマとして取り上げた。

以下に、フォーラム終了時に採択された総括文書と出席者リストを収載する。


総括文書出席者リスト

NIRALogo
トップページ
 
提言・研究内容に戻る

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)