NIRALogo
第7回NIRA政策フォーラム
「裁判外紛争解決(ADR)の現状と展望」
−英国FOS(金融オンブズマンサービス)に学ぶ−

 

第7回NIRA政策フォーラム全体写真

日 時2006年3月13日
会 場司法書士会館 日司連ホール(東京・新宿区)
主 催総合研究開発機構(NIRA)
共 催特定非営利活動法人 日本メディエーションセンター(JMC)
後 援日本司法書士会連合会、東京司法書士会、神奈川県司法書士会

 NIRAではその時々の重要な政策課題について内外の政策担当者や学界関係者等を交えた意見交換の場を提供するため、2005年度より「NIRA政策フォーラム」を開催している。その一環として「裁判外紛争解決(ADR:Alternative Dispute Resolution)の現状と課題」をテーマに、公開フォーラムを開催した。

 フォーラムでは、日本のADRの具体例として金融ADRに焦点を当てた。ADRの最前線で活躍している専門家による日本のADRの現状と課題についての講演とともに、金融ADRの先行事例として英国FOS(Financial Ombudsman Service)から招聘した最も重要な地位にあるオンブズマン2名(Chief ombudsman, Corporate director and principal ombudsman)により、英国FOSでの取り組みの実際や展望などについての講演が行われた。講演者や会場との意見交換も行われた。

概 要】 【議事録 (PDF 974KB)


プログラム

【あいさつ】

【基調講演】

【導入講演】

【講  演】

【パネルディスカッション】

【あいさつ】

 

そのほか配布資料


NIRALogo
トップページ
 
[ 戻 る ]

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)