NIRALogo
第8回NIRA政策フォーラム
非営利型株式会社が地域を変える
−「ちよだプラットフォームスクエア」のケース−

日 時2006年9月12日
会 場ちよだプラットフォームスクエア(都内千代田区)
主 催総合研究開発機構

 NIRAでは、ちよだプラットフォームスクエア、およびその運営会社であるプラットフォームサービス(株)関係者の協力を得て、「非営利型株式会社が地域を変える」をテーマに、第8回NIRA政策フォーラムを開催した。

 NIRA政策フォーラムは、その時々の重要な政策課題について、国会・地方議会議員、各省庁および地方自治体の政策担当者、シンクタンク関係者、及び当該分野の専門家・研究者の方々に、政策課題の抽出や、問題解決策の提案、あるいは政策実現のためのアプローチ等について、自由闊達な議論を行う場を提供しようとするものである。2005年の6月に開始して以降、すでに7回政策フォーラムを実施し、それぞれ非常に興味深い議論が行われている。
(NIRAホームページご参照 http://www.nira.go.jp/newsj/seisakuf/index.html

 今回注目した「ちよだプラットフォームスクエア」は、千代田区の地域特性を踏まえた「SOHOまちづくり」を推進するため、若年層から中高年に至るまでの幅広い年代に支持される働き方である「ナレッジワーク系SOHO」が集い、共に連携・協働しながら、さまざまな新しいプロジェクトを生み出していく為の拠点施設である。(1)行政と民間の協同による公共施設運営の成功モデルとして、(2)いわゆる自治体の不稼動資産の再生の成功例として、また(3)地域の活性化ないし新しいまちづくりという観点からも、多くの有益な示唆を含んでいる。
(「ちよだプラットフォームスクエア」についてはhttp://yamori.jp/modules/tinyd1/


概要】【議事録 (PDF 310K)】【資料1:導入説明 (PDF 64K)

資料2:CPS事業紹介 (PDF 3M)】【資料3:CPS施設紹介 (PDF 3.7M)


プログラム

 ごあいさつ

 簡単な今回の催しのご説明  (資料1)

 「ちよだプラットフォームスクウェア(CPS)の挑戦」(資料2)(資料3)

 館内見学

 Q&A

閉会のごあいさつ


NIRALogo
トップページ
 
[ 戻 る ]

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)