NIRALogo

      N┃I┃R┃A┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃      
     ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
            Vol.33/2007年6月号         

◆◇◆目 次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 
               
1.TOPICS…………ネットワーク会議 HP開設のお知らせ
            NIRA政策レビュー 予告
                        対談シリーズ 第19回 
2.研 究  動 向…………研究開始 ケーススタディ・プロジェクト
                 モノグラフ・シリーズ第1号
                  委託研究プロジェクト 
3.会 議  報 告…………特別企画NIRA政策フォーラム   
                       「地域活性化と大学の役割」
            第14回NIRA政策フォーラム   
                       「地域再生の共通項」         
                        第15回NIRA政策フォーラム
                        「金融ADR・オンブズマン制度構築への展望」
4.NIRA  TOPICS…………世界の政策研究インデックス No.5
            NIRA出版物の販売方法の変更について

◆◇◆TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□都市行政評価ネットワーク会議HP開設と第2回大会のお知らせ□                         
 http://www.umenet.jp/
 専用のホームページを開設しましたので、ご利用ください。上記アドレス
をご参照ください。なお6月29日には第2回大会が名古屋で開催されます。

□NIRA政策レビュー 予告□
  ◎ 第16号「農業国際化への視点」は6月20日発行です。                                     
<バックナンバーはこちら>                                      
  http://www.nira.go.jp/newsj/seisakur/index.html  

□対談シリーズ□
 ◎ 第19回 医療システムの課題           
  http://www.nira.go.jp/introj/10/rijityo/taidan/19/taidan19.html
 [ゲスト]慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授 池上直己 氏   
 [聞き手]総合研究開発機構 理事長 伊藤元重                  
 各界の第一線で活躍する方を迎えての「対談シリーズ」。今回は医療
政策の第一人者、慶應義塾大学の池上教授にお話をうかがいました。                                                   
<バックナンバーはこちら>                                      
  http://www.nira.go.jp/introj/10/rijityo/taidan/index.html  

   
◆◇◆研 究 動 向━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□研究開始□
(1) ケーススタディ・プロジェクト   
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2075.html
 調査研究を有効活用するためには成果を蓄積する必要があります。そ
の一環として政策等に関するケーススタディを蓄積していきます。
                          研究機関:NIRA[自主研究]
                          研究期間:2007年5月〜2008年4月      
(2) 平成19年度自主研究「アジアの課題と日本」
   モノグラフ・シリーズ第1号「日本のアジア外交を考えるために」      
 http://www.nira.go.jp/newsj/monograph/index.html 
 [執筆者]白石 政策研究大学院大学副学長・NIRA客員研究員     
 各分野の専門家による報告をまとめたモノグラフ・シリーズ。今回は
有識者会合の座長である白石NIRA客員研究員 に執筆いただきました。        
                          研究機関:NIRA[自主研究]
                          研究期間:2007年5月〜2008年4月                 

【平成19年度委託研究】
 「地域の再生・創造、市民社会」に関わる研究                
   ■研究期間:2007年5月〜2007年12月 
                             
(1) 社会的包摂手法による地域の再生       
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2085.html          
 本研究は高齢者・障害者・無業者を含む住民が地域の運営に参画する
「ソーシャルインクルージョン」的手法による地域再生を提言するものです。 
                          研究機関:財団法人 神戸都市問題研究所                               
(2) 大都市遠郊部における
  「Y・S・M(呼び込む・探す・磨く)モデル」の研究       
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2080.html          
 大都市遠郊部における振興策の構成要素として[Y・S・Mモデル]を
設定し、成功事例の研究を踏まえて施策スキームの検討を行います。 
                          研究機関:株式会社 地域計画建築研究所    

【平成19年度委託研究】
 「地方の魅力づくり・地域雇用の拡大」に関する事例調査
  ■研究期間:2007年5月〜2007年10月 
                                
(1)地域魅力を創出する関西圏の地域プラットフォーム経営と行政施策        
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2070.html         
「地域プラットフォーム」を市民・企業・行政の協働による地域再生の担い手
の組織化におけるキーコンセプトとして関西圏の事例調査と提案を行います。 
                          研究機関:株式会社 都市文化研究所                               
(2)木を伐って森を守り地域を元気にする仕組みづくりと地域雇用拡大        
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2065.html          
 本研究は、伐ることによって森林を守り地域を元気にすることができ
る仕組を作ることを目標とし地域活性化と雇用拡大の方策を提言します。 
                          研究機関:株式会社 くろしお地域研究所        
(3)工場集積地の快適化方策と地域雇用への影響−大阪府東大阪市−        
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2060.html        
 本研究では工場密度日本一である東大阪市をモデルに集積地区が抱え
ている課題を明確にするとともに工場環境の快適化の方策を提起します。 
                          研究機関:株式会社 立地評価研究所        
(4)地域内資源の融合による健康サービス産業振興モデルの研究        
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2055.html        
 本研究では「健康寿命日本一」を誇る山梨県をモデルにさまざまな地
域資源の融合や高次活用による健康サービス産業振興の方策を探ります。 
                          研究機関:財団法人 山梨総合研究所        
(5)学生のアイディアとパワーを活かした魅力ある地域づくり        
 http://www.nira.go.jp/newsj/research/dat/r2050.html          
 本研究では、学生の柔軟で斬新なアイディアやパワーを活用した魅力
ある地域づくりの方策をを検討します。。 
                          研究機関:財団法人 静岡経済研究所            

◆◇◆会 議 報 告━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□特別企画NIRA政策フォーラム□
  ◎ 地域活性化と大学の役割
    ―米国の経験に学ぶ―      
 http://www.nira.go.jp/newsj/seisakuf/f070323/index.html
 米国MIT産業パフォーマンスセンター所長リチャード・レスター教
授を迎え、地域再生のためのフォーラムを開催しました。

□第14回NIRA政策フォーラム□
  ◎ 地域再生の共通項
 http://www.nira.go.jp/newsj/seisakuf/14/seisakuf14.html         
 伊藤元重NIRA理事長による基調講演「地域再生成功への共通項」
をはじめ地域再生のドライビングフォースなどについて議論しました。

□第15回NIRA政策フォーラム□
  ◎ 金融ADR・オンブズマン制度構築への展望       
 http://www.nira.go.jp/newsj/seisakuf/15/seisakuf15.html          
 第7回の「裁判外紛争解決(ADR)の現状と展望」の続編。日本の金
融ADR・オンブズマン制度構築に向けての議論を行いました。 

◆◇◆NIRA TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

□世界の政策研究インデックス No.5□
 ◎ アジア太平洋自由貿易協定/国連/グローバル経済/EU                         
 http://www.nira.go.jp/icj/libj/prw/pdf/n05_200706.pdf 
 世界のシンクタンクが公開しているレポートの中で話題性のあるもの
を紹介します。隔月に掲載します。 
<バックナンバーはこちら>                                      
 http://www.nira.go.jp/icj/libj/prw/pri.html 

□NIRA出版物は直販扱いのみになります□                          
 http://www.nira.go.jp/pubj/kounyu.html 
 6月下旬からNIRA出版物は直販のみになります。詳細は、ホーム
ページをご確認ください。
 企画広報課(03-5448-1735、pub@nira.go.jp)

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆◇◆
     
◎NIRAへの寄付のお願い
 NIRAは出資・寄付による基金の運用益で研究活動を行っています。
平成16年3月、財務基盤を一層強化するため、個人や団体からの寄付を
お願いする制度を創設しました。 詳細につきましては、ホームページ
 http://www.nira.go.jp/introj/08/kifu/kifu.html
をご覧いただくか総務企画部財務課(03-5448-1706)までご照会ください。

 □NIRAメールマガジンは無料で発行しています。
 ■広告等の掲載は一切受け付けていません。
 □バックナンバーは
    http://www.nira.go.jp/pubj/merumaga/backn/index.html
   に掲載します。
 ■ご不要な場合には
  http://www.nira.go.jp/pubj/merumaga/tei.html
  で受け付けています。もしくは下記のアドレスまで御連絡ください。
  emag@nira.go.jp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+

<発行/編集/お問合せ先>

総合研究開発機構(NIRA) http://www.nira.go.jp/menu2/index.html
担当:総務企画部企画広報課 emag@nira.go.jp  

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+


NIRALogo
トップページ
 
バックナンバートップへ戻る

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)