総合研究開発機構(NIRA) : 出版物情報
低温廃熱資源の総合的有効利用に関する研究

概要目次
題 名低温廃熱資源の総合的有効利用に関する研究
副 題
機 関センチュリリサーチセンタ(株)
発 行昭和60年5月発行
版 頁B5・144P
種 別助成研究
分 野資源・エネルギー(新エネルギー)
ISBN

【 概 要 】
我が国のエネルギー需要構造は、今後「産業型」から「都市型」へと急速に変化する。本研究は、都市域の未利用エネルギー資源である低温廃熱に着目し、大都市における賦存状況を調査すると共にその有効利用を提案している。

【 目 次 】
はじめに
研究の目的と必要性
エグゼクティブ・サマリー
低温廃熱資源の有効利用
低温廃熱資源の定義と特長
低温廃熱資源の定義
低温廃熱資源の特長
低温廃熱資源の利用技術
ヒートポンプ
ヒートポンプの定義
ヒートポンプの概略
ヒートポンプ技術開発の動向
スーパーヒートポンプ
ケミカルヒートポンプ
低温廃熱資源の利用事例
低温廃熱資源の活用
地下鉄廃熱による駅舎暖房
概要
熱回収システムの構成
清掃工場・送電ケーブル廃熱による地域冷暖房
概要
システムの構成
経済性
河川水熱源による地域暖房
システムの概要
省エネルギー性
経済性
未処理下水熱源による地域暖房
システムの概要
経済性
参考文献
大都市における熱需要量調査
調査の基本方針
現状建築床面積の推定
新規拠点開発プロジェクトの情報収集
現状および新規拠点開発プロジェクトの熱需要量推計
参考文献
大都市における低温廃熱資源賦存量調査
調査の基本方針
対象とする廃熱資源
工場の扱い
群小発生源の扱い
廃熱分布の把握対象域
使用データ年度について
推計方法の精度について
推計の方法
火力発電所
下水処理場(処理水)
ごみ焼却施設
冷凍倉庫
変電所
地下鉄
地中送電ケーブル
低温廃熱資源の賦存量
東京都市圏における賦存状況
東京23区における賦存状況
資源別にみた低温廃熱賦存量
熱需要量と低温廃熱資源賦存量とのバランス
熱需給バランスからみた低温廃熱利用の可能性
現状ストックの熱需要に対する低温廃熱利用の可能性
計算の手順
計算の結果
新規拠点開発プロジェクトの熱需要に対する低温廃熱利用の可能性
計算の手順
計算の結果
参考文献
大都市における低温廃熱利用可能性調査
低温廃熱利用可能地区の抽出とモデルスタディ対象地区の設定
熱需要マップと低温廃熱マップのオーバーレイ
低温廃熱利用可能地区の抽出
低温廃熱利用システムのモデルスタディ
大川端地区
地区概要
熱需要
廃熱量
熱需要と廃熱量のヒートバランス
システム計画
地域配管
芝浦・港南地区
地区概要
熱需要
廃熱量
熱需要と廃熱量のヒートバランス
システム計画
地域配管
低温廃熱利用システムの省エネルギー性,経済性評価
大川端地区
省エネルギー性
経済性
芝浦・港南地区
省エネルギー性
経済性
参考文献
低温廃熱資源の利用促進課題に関する検討
低温廃熱利用システムに関する事業化可能性
利用促進策の検討
技術上からみた課題の解決
地域計画上からみた課題の解決
運営上からみた課題の解決
都市の新エネルギー需給体系と低温廃熱利用
都市におけるエネルギー需給体系の変遷
エネルギーのコミュニティインフラ
低温廃熱利用の位置づけ
参考文献
付属資料
低温廃熱資源の有効利用に関する座談会
低温廃熱の有効利用事例



[ 戻 る ] NIRAトップページ研究成果出版物目録 No.2051
Copyright (c) National Institute for Research Advancement(NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構(NIRA)