『地域における「人づくり」に関する研究』
−観光分野における人づくり−
平成17年度一般助成研究

 本研究は、平成17年度一般研究助成(甲)により3機関が共同で行った助成研究の成果である。
 本研究では、地域における「人づくり」の具体的題材として、観光分野の人づくりを取り上げた。観光地開発型の観光振興策は減少し、グリーンツーリズム、アウトドア観光、語り部による紹介、エコツーリズムといった新しい観光形態が着目される中、これからの観光振興では「人づくり」が重要となるが、人づくりの対象は幅広い。そのため、地域において新しい観光を進めるため必要とされる人材、その育成の仕組み、育成に関わる行政・観光関連業者・教育機関・地元住民等各プレーヤーの役割や連携の必要性について、広くアンケート調査や事例ヒアリング調査を行った。それにより、観光の新しい流れに対応した人材ニーズと観光分野における人づくりの現状を把握し、また、全国各地の観光を通じた地域づくりと、そこでの特徴的な人づくりの取り組みを実地調査により把握・整理した。
 これらの調査をもとに、これからの人づくりに必要な視点や枠組み(基盤)を整理して求められる人材像やそれぞれのインフラが果たすべき方向性を提起し、人づくりの方法論についての提言を行ったものである。


NIRALogo
トップページ
 
[ 戻 る ]

Copyright (c) National Institute for Research Advancement (NIRA)
Copyright (c) 総合研究開発機構 (NIRA)