利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > 対談シリーズ > 日本の食と農:新局面と政策課題

対談シリーズ

日本の食と農:新局面と政策課題

対談シリーズ第33回 2008/06発行

生源寺眞一 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)、伊藤元重(NIRA理事長)

伊藤 本日は、「NIRA日本の課題食料プロジェクト」の座長を務めて頂いております、生源寺先生に日本の農業・ 食料の将来展望についてお聞きします。はじめに、生源寺先生は日本の農業・食料の将来をどのようにお考えですか。

「集約的、高付加価値農業」と「土地利用型農業」

生源寺 日本の農業・食料は大きく二つに分けることができると思います。一つは、土地を余り使わないという意味での 「集約的で付加価値の大きな農業」、もう一つは、「土地利用型農業」、つまり水田農業に代表されるような農業らしい農業です。 どちらにも問題はありますが、前者の場合は、しっかりした経営者がいますし、何よりも若い人が継いでいくような土壌もある。例えば、 酪農や養豚、施設園芸、養鶏、高級果樹などには企業的な経営もあります。そういう分野は仕事としての魅力もあるので、 私は将来をあまり心配していません。

研究概要  「日本の課題 食料問題」

このページのトップへ