利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 日本経済再生のための政策の選択肢

研究活動一覧

日本経済再生のための政策の選択肢

自主研究
機関:総合研究開発機構  研究終了

 前年度のNIRA委託研究報告書「何が日本の経済成長を止めたのか? ("Why Did Japan stop Growing?")」は、日本経済の長期停滞の原因を解明し、 経済成長を回復するために有効と思われる政策を提示するため、 ①1970年代以降に出現した様々な課題に対する適応の失敗、 ②バブル崩壊後の1990年代における政策の失敗、 ③構造改革を推進した小泉内閣の主要政策について評価を行うとともに、 これにより明らかとなった教訓を踏まえて現政権が推進する「新成長戦略」の検証を行い、政策転換のあり方について提言を行った。
 今年度のプロジェクトにおいては、同報告書公表後に発生した東日本大震災による影響なども踏まえつつ、 これらの指針を具体化していくために取るべき政策の選択肢についてより詳細な検討を行う。

■研究体制
星 岳雄 カリフォルニア大学サンディエゴ校国際関係・環太平洋研究大学院教授
       /NIRA客員研究員
アニル・カシャップ シカゴ大学ブース・ビジネススクール教授/NIRA客員研究員
神田 玲子 NIRA研究調査部長
江川 暁夫 NIRA研究調査部主任研究員


■研究成果
星岳雄、アニル・K・カシャップ、2013年1月
何が日本の経済成長を止めたのかー再生への処方箋』(日本経済新聞出版社)

このページのトップへ