利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > 民主主義2.0

研究活動一覧

民主主義2.0

自主研究
機関:総合研究開発機構(NIRA)  期間:2015年5月~2016年12月  研究終了

■概要
 グローバル化、IT化、ソーシャル化といった世界の変動と、少子高齢化や財政赤字の拡大に見られる日本社会の諸問題を受け、新たな民主主義と市民社会のモデル(主体、理念、制度)を模索する。日本の新たな市民社会はいかに形成されるのか。とくにローカルな場から、新たな信頼関係と変革の主体を生み出すためのルールや制度について、また、それと同時に、このような新たな市民社会に対応する政治や行政の新たなあり方についても研究を進める。

■研究体制
宇野重規 客員研究員/東京大学社会科学研究所教授
早川 誠 客員研究員/立正大学法学部教授
神田玲子 理事/研究調査部長
川本茉莉 研究コーディネーター・アシスタント

■研究成果
研究レポート“Urban Transformation and Gentrification’s Impact

このページのトップへ