利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究の成果と課題の発信 > NIRAオピニオンペーパー > コロナショックが加速させる格差拡大―所得格差とデジタル格差の「負の連鎖」―

NIRAオピニオンペーパー

コロナショックが加速させる格差拡大―所得格差とデジタル格差の「負の連鎖」―

NIRAオピニオンペーパーNo.53 2020/8発行
大久保敏弘(慶應義塾大学経済学部 教授)

近年、グローバリゼーションが進行する中、世界的な所得格差の拡大や中間層の所得の低迷が著しい。日本もその例外ではない。今回、慶應義塾大学大久保敏弘研究室とNIRAが実施した「テレワークに関する就業者実態調査」の結果にも、その傾向は現れている。
現在の経済社会情勢は、感染症対策を起因とする経済的な不況の側面を有している。特にコロナ感染症対策により就業が困難となった業種や職種に負の影響が集中しており、所得の低い層ほど経済的な打撃が大きい。
 また、今回の新型コロナウイルス感染症は、経済的な不況にとどまらず、技術革新の波を一気に引き起こし、一段の格差拡大につながるおそれがある。その背景には、テレワークの利用が所得格差に連動していることがある。すなわち、所得の高い人や大企業はテレワークや業務のデジタル化を積極的に進めており、今後生産性を伸ばすものとみられる一方で、所得の低い層や中小企業ではデジタル化の波に乗れていない。
 このようにデジタル格差を通じた経済的な格差が著しく広がりつつある。新型コロナショックが、両者の負の連鎖を生む問題であることを念頭に、短期、中期、長期の視点から政策を整理する。

○はじめに
○グローバリゼーションと所得格差
○「一億総中流社会」とはほど遠い現実
○コロナショックによる所得の減少
○コロナ禍での「デジタル格差」
○新技術による労働調整とコロナショックへの対応
○コロナショックへの対応:格差の是正で負の連鎖を断ち切れ

<関連研究>
Tele-migrationに関する研究(2019年5月~2021年3月)

<関連頁>
NIRA総研 第2回テレワークに関する就業者実態調査報告書
NIRA総研 第2回テレワークに関する就業者実態調査(速報)
NIRA総研 第1回テレワークに関する就業者実態調査(詳細版)「新型コロナウイルスの感染拡大がテレワークを活用した働き方、生活・意識などに及ぼす影響に関するアンケート調査」に関する報告書
NIRA総研 第1回テレワークに関する就業者実態調査(速報)「新型コロナウイルスの感染拡大がテレワークを活用した働き方、生活・意識などに及ぼす影響に関するアンケート調査」
テレワークを感染症対策では終わらせない―就業者実態調査から見える困難と矛盾―(NIRAオピニオンペーパーNo.47)

※本誌に関するご感想・ご意見をお寄せください。E-mail:info@nira.or.jp

このページのトップへ