利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > グローバリズムへの政治的対応に関する多国間比較研究

研究活動一覧

グローバリズムへの政治的対応に関する多国間比較研究

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2020年6月~2021年5月

■概要
 現在、各国においてポピュリズムを背景とした政党が、各国における既存政党の社会、経済的な立場に大きな影響を与えている。また、ポピュリズムを背景とした政党の登場は、各国の市場経済、グローバリズムに対する既存政党に大きく影響を与えた可能性がある。そこで本研究は、各国における政治状況を把握するとともに、主要政党の政治的対応、立場を比較・検討する。

■研究体制
谷口将紀 NIRA総研理事長/東京大学大学院法学政治学研究科 教授
神田玲子 NIRA総研理事/研究調査部長
澁谷壮紀 NIRA総研研究コーディネーター・研究員

このページのトップへ