利用方法

日本を動かす知をつなぎ、政策課題を論じ、ビジョンを提示するシンクタンク

トップ > 研究活動一覧 > インターネット調査におけるバイアスの補正:国勢調査・同時期の面接調査を利用した検討

研究活動一覧

インターネット調査におけるバイアスの補正:国勢調査・同時期の面接調査を利用した検討

自主研究
機関:NIRA総合研究開発機構  期間:2020年10月~2021年9月

■概要
 近年、インターネット調査は手軽に大量のデータを収集する方法として利用が増加している。一方で、そのデータはサンプルの代表性や省力回答者等の影響で多くのバイアスを抱えている。本研究は、インターネット調査を行うとともに、同時期に行う独自に設計した面接調査と国勢調査データを利用しながら、インターネット調査のバイアスの補正を行う。その中で、インターネット調査を扱う際の、調査設計から補正を検討、公表することで、インターネット調査利用者に対して、その補正法を提案する。

■研究体制
谷口将紀 NIRA総研理事長/東京大学大学院法学政治学研究科 教授
神田玲子 NIRA総研理事/研究調査部長
澁谷壮紀 NIRA総研研究コーディネーター・研究員
大森翔子 NIRA総研委嘱リサーチアシスタント(理事長付)

このページのトップへ